屋久杉PENのレッドライン

◆2021催事イベント予定◆

〇東京(丸の内オアゾペンショー)

  9月15日~21日

〇東京(丸の内オアゾ)

  10月20日~26日

〇東京(ペンショー)

  11月12日~14日(チケット制)

〇東京(丸善日本橋店)

  11月17日~24日

皆様のご来場心からお待ちしています。

 

ギフト用包装も賜ります

屋久杉の中でも、過酷な環境を乗り越えてきたレアな材料を現地まで買い付けにいき、様々な柄模様でペンを作っています。1点もので最高級品です。銘木の王者的存在の屋久杉には圧巻のパワーがぎっしり詰まっています。

最高級品をお届け致します。

 


高級屋久杉PEN販売

下記ボタン(BASEサイト)にて掲載しています

世界遺産の屋久杉は、木によってすべて柄模様が違います

まるで人間のようです。1000年以上を生き抜いてきた

木は地球の全てを知っているような感じがします

優しく強くそして大きく包み込む屋久杉をご覧ください。

 

書きやすいPENとは

 木のペンはグリップが優しく長時間書いても疲れにくいといわれています

ペンの選び方は、重心と書く時のフィッティングがとても重要です。

軽すぎると持ち運びには便利な反面、力を入れないと安定しないなど

人によって違いがかなりあるのも現状です。細い軸だから強く握ってしまうなど

軸の太さも少し幅(厚み)があった方が書きやすくなります。

ある程度の重さもあった方がペンの後方部が安定して指先は軽いペンよりも力かけずに

書いて頂けます。形、太さ、重さ、手の大きさ、用途によってなどさまざななので

試し書き時に頭で描いたことが瞬時にストレスなく腕に手に伝わりサラサラ書けるペン を

選んでほしいです。


BASEに商品記載


字を書くことが少なくなってきていますが、お仕事始め、年賀状、挨拶文、お礼文、暑中お見舞いなど

日本には「書く」文化があります。手書きの手紙には書いた方の心境なども察することができたり

思いがたくさん詰まって心に響くことがたくさんあります。

そこには手書きの価値があり届いた手紙は大切にします。

大切な方へのお手紙を書く時などに屋久杉のペンを使って頂けたら幸いです。

プレゼントにも喜ばれます。

 

 


屋久杉は1993年12月に世界遺産に登録されました。苔むす森や白谷雲水狭など屋久島にしかない自然がたくさんあります。樹齢2000年から7000年とも言われています。良質で良い柄を選んで削っています。

パワーの源 屋久杉

屋久杉は栄養が少ない屋久島の地で1000年以上生きることのみ考えて変化にも順応しながら生きてきたパワーの詰まった木材です。1本たりとも同じ模様はなく人、人生にも似ています。 鍛え抜かれた屋久杉には大人の魅力がたくさん詰まっています。優しも厳しさも強さも持ち合わせている屋久杉をゆっくりご覧ください。日常でパワー詰まった世界遺産のペンをご愛用頂けたら幸いです。

気になる柄などございましたら、詳細のお写真もお送りできますのでご連絡ください。